うち(pinetea)のシナリオ担当のBcar先生がなろうで連載しているぞ!!

だいたいそのままなのですが、まずは情報から。

タイトル 『青い歌を口ずさめ』
作者 Bcarさん
URL https://ncode.syosetu.com/n9365en/

 

はい! はい!! 私の所属している比較的乙女向け(と思われる)ゲームを作っているpineteaと言う共同制作グループで、一身にテキストまわりを引き受けてくださっているBcarさんがなろうで連載をなさっています!
いました!!!(遅刻)

Bcar先生は、シナリオはもとより、アイテム名や、説明、システム文章に至るまでひたすら文字を考える作業をなさっています。

この作品は~と内容を解説しようとしたらあらすじがむっちゃ長くて丁寧でしっかりしてて、私から要約したりおすすめしたりするレベルじゃなかったです。
なのであらすじはカット。
URL踏みましょう。
ってかこの作品、前回のあらすじが毎ページ載ってるんですけど……仕事人過ぎる!!!

 

そんなわけで私個人の感想を書き連ねます。

私が好きな部分は世界設定ですよ!!!(マップ萌
SF、サイバーパンク、近未来。
そこに冒険者の宿と魔法が存在すること。
この部分かなり「ああああああ」ってなったところでして。

小説だから、未来だから、って私無意識に「冒険者が集まる場所」を除外してた気がします。
危険があって、傭兵的な稼業が成り立つならあってもおかしくないのに!!!
頑張ってもマフィアとか……?
だから、この杭見合わせが好き。
異文化の出会いというか、掛け算にしたら新しい雰囲気になる。そして冒険したくなる。

後、サイバーパンクとかって世の中にはあるんですけどね、それを男性向けでも、政治系バリバリでもなく、女性向けに落とし込んでいることがすごい。
女性向けで冒険っていうと魔法と貴族って感じの世界が多いので! それも大好きなんですけどおお!
新しいところも冒険したい。
男女バディが行う冒険活劇でサイバーパンクの世界回るのいいですよね!!
あ、そうだ、男女固定で冒険がそもそも好きだったんだ。

 

男女の冒険ものが好きな人は! なんとなろうで無料公開なのでぜひ読んでみましょう!