「私が」人のコンテンツの「デバッグ/校正」をする時考えていること。

作るのも好きなんですけど~広告考えたり、外から見てより良くするには?とか考えたり創作の裏方作業が好きです。
(どうにかして仕事にできませんかね!!)

デバッグが好きすぎるので、サイトやTwitterで不特定多数に募集してるのによく参加しています。
スタッフロールに載せてもらえるのも嬉しい。
小説の校正もやぶさかではないのですが、ゲームのデバッグと違ってあまりオープンに募集されてない気がするなー
小説書きの集まる所で募集しているのかしら?

それはそうとして、片道のアルファ版をプレイしてて、そして製作者であるウルフさんのフィードバックのフィードバックを見ていたら1週間位いろいろ考えていたので吐き出します。
吐き出す作業はより整理整頓できるし。脳みそのメモリから消せるので楽ですね。

考えたことで、実践しきれてないぞおら!ってのはまああると思います。

 

 

直した所を見ないでどうするの?

と思ってる、と気が付きました。
自分で指摘して、変えさせて、それがどうなったか知らないとそわそわしません……?
見に行きますよね、重点的に。

したら「うむ、良くなった」ってニヤニヤするなり、「元のほうが良かったです(土下座)」って反省するなりしないと!!

 

 

良い所も言ったほうがいい。精神的な理由だけじゃなくて。

製作者のやる気とか精神的な面は置いといて。

言わないと、修正過程で良い部分を崩しちゃいません……? 皆認識できてます……?
ここ良いよって言われたらそこを手を入れないように考えますし、入れる時は何が良かったのかを考えながら崩しますし。

少なくとも他人が良いよって言われてる部分は安心して後回しできるのもいいですね。
修正中ってあふれる問題で半泣きでパニックですから、冷静な順位付けとか出来ないですもん。

 

 

改善案は基本的に飲み込む

絶対じゃないけどー絶対じゃないけどー
それよりは「どう困っているか」「どう深いなのか」っていうプレイしている気持ち?問題点?をあげるのを優先したほうが良いかなーと思ってます。

私だけかもしれないんですけどおおおおおおおおおお!

改善案出されても技術が追いつかない、ん、です、よ。
むっちゃ苦手な作業でやるのにむっちゃ時間かかるとか。

他には(意固地な)こだわりでそれはその調整は嫌い!とか
問題に対していろいろ改善案が思いつくから総合的に考えたいなーとかも。

だから、報告は下みたいな感じを目指したい。

  • まずは、問題点(バグとか誤字ならここで終わり)
  • 次にどういうプレイヤー的感情を抱いたか。どんなプレイをしたかったのか。
  • 最後にーそれでもこれだ!!って改善案があれば言う感じ。

例を出すとー!

  • 決定キー連打で選択肢飛ばしてしまう!!!
  • 意図しない選択肢を選びたくない。
  • 選択肢は2段認証にして欲しい!!

みたいな。
ちなみに最後は割とわざと極端な改善案です。

 

 

求められてない時は要らない

求めてる人に手を出しましょう。
なので、公開募集か個人的に頼まれた時にします(決意新たに)

 

 

 

Tagged on: , ,