※この記事は旧データの再掲なので 2017/10/02 あたりのものです!
最低限の情報の更新はしてますが基本そのままです。
ねくらさんの! 素材を! 買おう!!!


まずはだだーーっと公式サイト関連を。 すごい素敵なサイトが最近オープンしたんですよ!


ねくらマップチップ 公式サイト 
https://nekuramap.wixsite.com/nekuramap

ねくらレトロフューチャー マップチップ素材集 個別ページ
 https://nekuramap.wixsite.com/nekuramap/blank-4

BOOTH 販売ページ
 https://nekuramap.booth.pm/items/641972

DLsite 販売ページ 
ねくらレトロフューチャーマップチップ素材集


で、この素材集がとっても素敵なので、その話をこの記事ではしたいと思います! 発売されて数日も経ってないけどね! 語れるんですよ私!! なぜって……

\ テストプレイ参加させていただきました! /

ありがたすぎます。 こんな素敵な素材を先行で触れるなんて、それ自体ご褒美ですよ。 なので、その幸運を少しでも分かち合うために、素材の感想を記事にしたためます。

いきなりですが、全素材集を混ぜ込んだマップです。


このレトロフューチャー素材集、これけ買っても良いのに、同シリーズを買うことでものすごい拡張性があるのです。

当たり前ですけど、同一作者による、同一シリーズが合わない訳がないのです。
ねくらさんによる有料マップチップシリーズもすでに3作目で、そろそろ商業レベル大作RPGも問題なく作れるほど種類が増えてきました。
一つのシリーズで素材を揃えられるというのは我々製作者にとってメリットが多すぎます。

  • 素材同士が浮くということがない(このセンテンスの話題ですね)
  • 素材元がごっちゃにならない
  • 同じ規格で作られているので、セッティングが楽

素晴らしい!!!!!!


この観点を最初に持ってきたのは、最後の最後でやりたくなって作った、過去素材を混ぜ込んだ温室mapを見せびらかしたかったと言う点にあると思います。 (テストで作ったMAPは、サンプルゲームの再現ばかりだったので)

第一弾のファンタジーマップ素材集、第二弾のエクストラダンジョン素材集、両方から植物を持ってきて、温室を作ってみました。 ああ……素晴らしい……



レトロフューチャー

……って言うテーマはかなり大きいな、などと思っております。
作りたい人多いと思うんですよね。
皆好きでしょ! 歯車とか! ブラウン管の山とか! 飛行艇とか! 私は汽車が好きです。
だけど、素材がないんですよ、この辺。 SFがデジカさんで、スチパンがMV用DLCで売ってるくらいかな? 飛空艇キャラチップとか私は見たことないですよ!

予想するに、多分このテーマすごく作るの大変そう…… それは、そざいの部品の数とか、複雑さを見るにとってもとっても大変なのでしょう。
ですが、今度からは! 2700円で飛空艇が作り放題! 汽車の中で殺人事件も起こし放題ですよ!!

タイプライターや鉄パイプなどの、雰囲気を一気にレトロフューチャーに持っていける小物が多いのも◎。

品質に関しては……販売ページを見たらそれだけで伝わりますよね??????

  • 書き込みが細かい。
  • パーツが丁寧。
  • アップデートもちゃんとなされていて、サポートが充実。
  • 梱のサンプルゲームも説明書もすごくわかりやすい。
  • 何 故 か 安 い

困った。 ウディタでゲーム制作に取り組んでいたら、これだけで十分になってしまう!!
それくらい圧倒的な素材集です。



過去素材集との組み合わせ

今までの素材集を買ってきた方はマストバイな第3弾ですが、この素材集で初めて有料ねくらマップチップに興味をいだいた人への私の購入おすすめ順をちらっと書いておきたいと思います。

最適解は「全部買ってしまえ!」なんですけどね。


まず、飛空艇、汽車、その他具体的にこの素材集に使いたいものがある! と思った方。 この場合は素直にこのレトロフューチャー素材集を買えばいいと思います。

で、個人的に、ですけど、以前この素材集の名称であった「スチームパンク」を期待している方はもしかすると最初にファンタジーマップ素材集を購入するのがおすすめかもしれないと、思うのです。
街が複数作れる、お店の内装、石膏像や蝶の標本……そもそも「スチーム」にする前の外観や室内の素材が大いにてにはいります。
その上でこのレトロフューチャー素材集を買うとすごく良い!
ファンタジーマップ素材集の街に鉄パイプを組み合わせる、書斎の素材にタイプライターを置く、こういった組み合わせが強い。

両方使って「スチームパンク」を完成させるのがすごくすごく良さそう!なので、だったらより汎用的なファンタジーマップ素材集を先に買うのもいいかなあと思いました。


エクストラダンジョンは「エクストラ」とつくくらいで、プラスアルファのイメージが強い素材集です。
街を作ろうのは他の2つに比べて非常に困難ですし(ダンジョン素材ですからね!) 故に、明確に素材集を見て「これ使いたい!」と言うものがある方か、「大作RPGを作るのだ!」と言う人向けなんですよ。

それでもレトロフューチャー素材集との組み合わせを考えるなら「巨大なクリスタルパレスを再現するのだ!」と、いう時良さそう。
おっきい木や南国植物、秋の植生が作れますから。
後思いつくのは、大陸横断鉄道を作るために、数々の自然の場所を作りたいとかかな?

でも、私はこのエクストラダンジョン素材集が一番好きです。 華やかな色合いのMAPが作れますし、自然系のMAPでゲーム作りたい事が多いので非常に助かってます。



すごいとか素晴らしいとかボキャブラリーが貧相な紹介記事になってしまいましたが、レトロフューチャー素材集とても良いです。
やっぱり結論は「3つの素材集すべて買ってしまえ!」ですけね!


リンク